[ ホームへ戻る ]
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
心構え 関連書籍
江戸川乱歩賞をめざす! 語彙を増やすための書籍
来年の一月にまた会いましょう 小説家をめざす人のための指南書
    執筆のときに必要な辞書

2006年02月01日

★毎年、少しずつ肩の力を抜いていく

2006年2月に入った。


要するに、2006年の江戸川乱歩賞の締切が過ぎた最初の一日目ということである。かつ、2007年の乱歩賞をめざす人にとっても、最初の一日目ということである。


昨年の3月からはじめた本ブログは、締切が過ぎたあとは、最終選考に残るまでの心の過程を書き綴っていこうと思っていた。

そして最終選考に残った暁には、選考会までの心の動きを、そして受賞した暁には、いちはやく本ブログで発表し、ブログウォッチャーの方々とともに喜びを分かち合いたい、などとおこがましいことが考えていた。


これまでいろいろあったが、結局は昨年末にブログへの書き込みは頓挫。

それは締切前のために、執筆が忙しくなったため、ということではなく、実はまったく逆で、昨年末の時点で今年の応募を諦めたからであった。


まずその理由は大きくわけて、3つある。


1.作品が11月末までに完成しなかった。
 11月末に脱稿していたならば文芸仲間たちに読んで批評してもらい、一ヶ月近くの推敲期間を得ることができた。しかし、それが叶わなかった。当初の計画では、夏ぐらいに完成していたはずなのに、そうとう遅れた。その理由は、物語の骨格が最後までかっちりと決まらなかったからである。「ドミニカ共和国沿岸のカリブ海に沈めた携帯電話に、三年後、日本から電話したとき、聞き覚えのない男の声で昔愛した少女の名前を叫ぶ声を耳にする」――こうはじまるストーリーには、あらゆる面で設定に無理がありすぎた。凝りに凝った内容は、作者を酔わせるのには足りたが、読者を納得させるための骨組みをくみ上げることができなかった。結局はご都合主義の寓話に成り下がってしまった。

2.ハングリー精神の欠落
 11月に引っ越し、しばらくしてから生活に落ち着きが戻ってくると、私自身の人生観も落ち着きはじめてしまい、ドロップアウトすることによって伴うリスクから目を背けたいという気持ちが芽生えてしまった。昔では考えられないことである。小さくまとまっていいのかと問いかけながら執筆していても、まるで身が入らないのだった。

3.仕事への責任感
 おそらく最も影響があったのがコレ。
 9月か10月ごろからか、別に普通にやっていただけなのに、やたらと仕事で認められ、仕事に対する意欲が沸いてきてしまった。その加速度は、自分の力ではどうにもならないほどに高められたのは、まさに外部からの力があったからこそ。自分では望んでもいないのに、いろいろな人と出会い、影響され、影響を与え(てしまい)、勝手にまわりが盛り上がって、まつりあげられたりして。
今年に入ってからは、現在の部門の長となるのが確定。さらに数日前には社長から執行役員になれという打診まで来てしまい、自分の力ではまったく止められないほどに、何か知らない大きな歯車に引っかかって転がされてしまっているかのような感覚を、ここ2〜3ヶ月のあいだで味わっている。現在の仕事に就くまで、私は「何をやってもダメな男」と思っていた。産まれたばかりの子供を抱え、妻と一緒にどうしていこうか。35歳で会社を辞めたとき途方に暮れる毎日を過ごしていたというのに、仕事でようやく認められたかもしれないと思うと、「私は小説家になるから、ハイさよなら」と言えるわけにもいかないし、言えないのであれば小説を書き続けるのはそれは何のためなのか自分自身に問いかけ続ける毎日を送らなければならないし、どうにもならなくなった。贅沢な悩みだが、これが一番大きな理由だ。


結局、昨年末で執筆はいったんやめて、今にいたっている。




――ところが、だ……。

だからといって、乱歩賞作家をめざさないとは誰も言っていない。


いくらハングリー精神が低下したとしても、私が小説を書かなくなる日など訪れはしないのだ。


家庭が落ち着き、仕事でも認められ、さらに長いあいだ(2年半)書き続けてきた作品に見切りをつけたとしても、来年の乱歩賞に応募する可能性はある。大いにある。


実は昨年末から、別の作品に着手しており、こちらのほうはすでに270枚を書いた。本当は、別の目的で書きはじめた、とても「肩の力を抜いた」作品なのだが、あれよあれよといううちに完成度が高まってきた。

物語の骨格は単純なのだが、いろいろなエピソードを組み合わせていくと、けっこう複雑な話に仕立て上げられる。枚数も500〜600枚ぐらいはいきそうだ。


本当は2月末に脱稿し、3月中に仲間に見せて、3月末に完成。
その後、出版社に持ち込んで話を聞こうと思っていた。


これは、現在起業家仲間と連携して「本を出そうぜ」みたいな勉強会を開催しており、すでに一人が出版社と契約して企画出版が決まっている。

内容がビジネスマン向けなので、小説よりは簡単に話が進んでいく。すでに彼女は年内にあと2冊は出版することで契約しているそうだ。出版社はDnd社であり、ビジネス書を手に取る人なら知らない人はいまい。

ページ割や装丁、ロゴなどについての打合せた話を聞くと、とても参考になる。ワクワクさせられるし、ああ俺もできそうじゃんという気になってきた。

私の仕事の話を小説風に書き、「ザ・ゴール」のように「小説風ビジネス書」として売り込めないかと考えた。

ストーリーを話して聞かせたら、仲間のあいだでは馬鹿ウケ。

「さすがストーリーテラー! 絶対出版できるぞ」

などとヨイショされ、肩の力を抜いて書きはじめたのが先程紹介した「現在270枚」のものだ。しかし前述したとおり、書いているうちに完成度が増してきて欲が出てきた。


持ち込みで出版にこぎつけたって、そんなの「小説家」と呼べるか! しかもビジネス書で、なんて。


やはり、あくまでコンクールに出して勝負しよう。そしてやっぱり乱歩賞だっ!
とこのごろ思うようになりました。


今のペースでいけば春先には完成する。

素晴らしいペースだ。

昨年書いていた「構想2年」の物語とは違う。だからこそ単純なストーリーになっているし、その分骨格がしっかりとしている。とはいえ私が書く以上、小さくはまとまらない。


いいではないか、これでいっちょう今年一年やってみようか。


どちらにしても今年一年、仕事は死ぬほど忙しい。
うまくいけば、今の会社から出資してもらって会社を一つ作れそうだなと真剣に考える。小説家になるより社長になるほうが、こんなに簡単だなんて想像もしなかった。小説に費やしてきたこれまでの10年を振り返ってみて、そのエネルギーを事業に注ぎ込んだら、かなりの事業家になれるような気がしてくる。

しかし、本当にやりたいことでなければしょうがない。


私はただ単に、仕事で認められることに飢えていただけで、真に社長になりたいわけではない。やはりめざすは小説家であり、その通過点は乱歩賞だ。

知り合いのルートを伝って出版社に持ち込み、あの手この手を使って出版に持ち込んで楽しいものか。

ハングリーさはなくなってもそれだけは譲れない。


よし!



ということで、今年の乱歩賞は出さなかったけれど、来年は出す。


このブログはいつまで存在させておくかはわかりません。このままずっとここにおいておくのは、どうかと思うので、いつかは削除しますが、しばらくは考えよう。


しかしどこかで情報は発信していきます。

ドリームゲートで、かもしれません。


それはわからないけれど、またどこかでお会いできるのを楽しみにして。



では。



(最後は、とっても乱文になってしまいました)


Posted by rampo2006 at 23:44