[ ホームへ戻る ]
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
心構え 関連書籍
江戸川乱歩賞をめざす! 語彙を増やすための書籍
来年の一月にまた会いましょう 小説家をめざす人のための指南書
    執筆のときに必要な辞書

2005年05月12日

★空の名前 /高橋健司 著

著者: 高橋 健司
タイトル: 空の名前



情景描写で一番好むのは、「空」の描写。
晴れていても、曇っていても、雨が降っていても、一度として同じ風景を描きたいとは思わない。

天候、季節柄、土地柄など、あらゆる角度から「空」にまつわる語彙を引き出すことができる。

特に雲を描写するときは、必読。
もちろん、雲の名称をそのまま引用するような「芸」のないことはしない。
盗むのはあくまでも、その表現事例のみ。




2006年江戸川乱歩賞をめざすblog(ブログ)-ランキング確認 2006年江戸川乱歩賞をめざすblog(ブログ)-[ランキング確認]



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rampo2006/19858461
この記事へのトラックバック
空が好きだ。 晴れて雲一つない空がいい。 雲が浮かび、いろんな表情を作っている空もいい。 稲妻が走る空もいい。 嵐が過ぎ去った直後の空は格別だ。 いつも、空を見上げる。 うれしい時も。 悲しい時も。 悔しくてたまらない時も。 下を見るのはきらいだ。
『空の名前』 いつも、空を見上げていたい【手当たり次第の本棚】at 2005年06月08日 17:22